COLUMN.5 がんの治療 その他の療法 | 一般社団法人 がんになりにくい体をつくる会
  • HOME
  • COLUMN.5 がんの治療 その他の療法

column.5 がんの治療 その他の療法

免疫療法

人間のもつ自然治癒力、つまり免疫力を強化して病気を治療する療法が免疫療法です。私たちの体内では、健康な人で毎日5000個程度のがん細胞が発生していると言われています。しかし、それでもがんにならないのは、体の中でがん細胞を排除する免疫力が機能し、異常を生じた細胞を排除しているからです。この自己の免疫力を高め、がんの治療に役立てるのが免疫療法で、免疫細胞療法、ワクチン療法、サイトカイン療法、生体応答調節慮法(BRM療法)、抗体療法、遺伝子療法などがあります。

免疫細胞療法

白血球の一種で免疫機能を担当する細胞がリンパ球です。このリンパ球の働きを人為的に強化してがんの治療を行うのが、免疫細胞療法です。

活性化自己リンパ球療法

体外で患者自身のリンパ球を活性化させ、それを再び患者の体に戻してがんを治療する療法です。T細胞など、異物を攻撃する役割を持つリンパ球を、患者のがん組織に浸潤している部分や血液中から採取し、患者のがん組織と特殊なタンパク質に混ぜ合わせて攻撃すべきがん抗原を覚え込ませます。これを活性化・増殖させた後に、患者の体に戻すことによりがんの治療を行うものです。

樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞は、枝のような樹状突起を持つことにその名を由来する免疫細胞です。この樹状細胞は、異物であるがん抗原を認識し、T細胞などのリンパ球にその特徴を覚え込ませる働きをします。これにより、T細胞などのリンパ球がその抗原のみを狙って攻撃することができるようになります。専門用語では、抗原提示細胞と呼ばれています。

患者から採取した樹状細胞に、患者のがん組織や人工的に作製したがんの特徴を持つ物質(がん抗原)の特徴を認識させ、患者の体内に戻します。これにより樹状細胞がリンパ球にがんの特徴を覚え込ませ、リンパ球はがん細胞のみを狙って攻撃するようになります。

NK細胞/NKT細胞療法

NK細胞は免疫細胞の一つです。生まれつき外敵を殺傷する能力を備えているため「ナチュラルキラー(NK)細胞」と呼ばれています。がん抗原の情報がなくても直接目的の腫瘍へ単独で攻撃することができる免疫細胞です。

一方、NKT細胞は、NK細胞とT細胞の両方の性質を合わせ持つ、新たに分画されたリンパ球です。免疫細胞は、免疫記憶を特徴とする獲得免疫系(T細胞など)と免疫記憶をもたずに反応できる自然免疫系(NK細胞など)とに分かれますが、NKT細胞は、自然免疫の一翼としてがん細胞を攻撃し、同時に自然免疫から獲得免疫への橋渡しを行い、攻撃力を飛躍的に増強させる機能を持ちます。

このNK細胞およびをNKT細胞を患者の抹消血から採取し、大量増殖・培養させ体内に戻し、がんを治療するのがNK細胞およびNKT細胞による免疫療法です。

ワクチン療法

がんの免疫原性をもち、がんの抗体を誘発するワクチン製剤を体内に投下することにより、がんに対する免疫力を高め、がんの予防や治療を行なう療法です。免疫細胞が特異的にがん抗原を認識して攻撃すれば、正常細胞を攻撃することなく、つまり副作用なく、抗がん作用を機能させることができるとい利点があります。一般にワクチン製剤療法と自家ワクチン療法があります。

ペプチドワクチン療法

T細胞は、がん細胞上の白血球抗原上に結合する8~10個のアミノ酸(ペプチド)を認識しがん細胞を攻撃するようになります。このペプチドを薬剤として人工的に合成し、体内に投与することでがんを治療するペプチドワクチン療法です。

WT1ワクチン療法

WT1遺伝子が作るタンパクが、がんの発生に関与していることが明らかになっているため、そのWT1タンパクの断片であるWT1ペプチドを抗原とし、これをワクチンとして利用するのがWT1ワクチン療法です。

自家ワクチン療法

がんの手術を受けた患者のがん組織をホルマリン処理し、免疫刺激剤を混ぜたものが自家がんワクチンです。体内をこのがん組織で刺激与えることによりキラー細胞を活性化・増殖させ、体内のがん細胞を殺すよう誘導する治療法です。がんの再発や転移を予防する目的に向いています。

丸山ワクチン療法

丸山ワクチンは、結核菌の抽出成分によって免疫力全体を高める療法です。がんは、がん細胞とそれを取り巻く間質からなりますが、丸山ワクチンを注射すると、間質にリンパ球が多く現れ、取り囲まれたがん細胞が萎縮、あるいは崩壊していきます。丸山ワクチンは、特定抗原に対する免疫ではなく全般的に免疫系を賦活することで治療効果を上げようとする非特異的免疫療法の一つです。

サイトカイン療法

免疫に関与する低分子の特定のタンパク質の総称のことをサイトカインといいます。このサイトカインを製剤として合成して人体に投与し、免疫力を高める療法がサイトカイン療法です。分子生物学の発展により、免疫細胞が分泌するサイトカインの分子構造が解明できるようになり、インターフェロン-α、-β、-γなどを含め、現在100 種類以上が知られています。

BRM療法

生体応答調節剤療法(Biological Response Modifiers)の略で、免疫賦活作用のある物質を体内に投与して、免疫活性を喚起しようというもので、非特異的免疫療法の一つです。代表例がキノコ製剤で、治療薬として国から承認されているクレスチン、レンチナンや、各種の健康食品もここに含まれます。微生物製剤としては、結核菌から作られる丸山ワクチン、溶連菌を抗生物質ペニシリンで不活性化し乾燥したピシバニールがあります。その他に、サメ軟骨、海藻類、穀物抽出製剤などもBRM製剤に含まれます。

抗体療法

特定のがん抗原にだけ結合する抗体を体外で作成し、これを体内に投与する治療法です。多種多様のがん抗原が存在するなか、ある抗原にだけ結合できる単一の抗体を、モノクローナル抗体(抗腫瘍抗体)と呼びます。近年、モノクローナル抗体を作製する方法が確立され、治療の研究が進められています。

遺伝子療法

がん抑制遺伝子P53を、がん患者の体内に大量に追加投与してがんを治療する方法です。 P53は、強力にがんをアポトーシス(細胞消滅)に導く働きをしたり、傷ついた細胞を修復する遺伝子です。このP53遺伝子を、ベクターと呼ぶ運び役に入れて、1回当たり約1兆個をがん患者の細胞核内に送り込み、がん抑制機能を復活・向上させてがんを治療します。

その他の療法

免疫療法の他に、以下のような療法もがん治療として行われています。

温熱療法

温熱療法は、がん細胞が正常細胞と比べて熱に弱いという性質を利用した、がんの治療法です。全身を加温する全身温熱療法と、がんやその近くを温める局所温熱療法があります。一般には局所温熱療法が主に行われる方法で、マイクロ波や電磁波を用いた装置で局所を温めます。

ハイパーサーミア

温熱療法のうち、RF波(ラジオ波)を使って加温を行うのがハイパーサーミアです。狙った病巣に上下及び左右から電磁を当てるもので、病巣に双方から到達した温度の合計が42~43度になりがん細胞を死滅させます。また、正常細胞にダメージを与えることがありません。

温泉療法

温泉療法は温泉に入浴、あるいは飲用、吸入することなどによって体調を調え、傷や疾病を治療する医学的見解に基づいた医療法の一つで、これをがん治療に取り入れたものです。

遠赤外線療法

光の七色(可視光線)の一番外側にある赤色のさらに外側にある光が赤外線で、近赤外線と遠赤外線に分かれます。このうち、波長のより長いのが遠赤外線です。電子レンジで使われているのはマイクロ波ですが、これよりも波長が短いのが遠赤外線です。遠赤外線は分子の振動で物資内部を温める働きがあり、これを使って体内部を温める療法が遠赤外線療法です。

ホルモン療法

乳がんのうち7割が女性ホルモンのエストロゲンの刺激によって、増殖しますが、これを薬を用いてエストロゲンの作用を阻害・抑制し、がん細胞を死滅させるのがホルモン療法です。エストロゲン自体を作らなくする方法と、ホルモンが作用する部分(受容体)に付いてエストロゲンが結合するのを阻止する方法があります。

造血幹細胞

血液のがんである白血病や悪性リンパ腫の治療の場合、腫瘍細胞は根絶するため大量の抗がん剤治療や放射線治療を行いますが、患者の正常な血液をつくる組織も破壊されてしまうため、これを再生させるために自己または他人の造血幹細胞を移植し、血液組織の再生を行います。これが、造血幹細胞療法です。造血幹細胞を採取する場所により、骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植と分かれます。

骨髄移植

造血幹細胞療法において、造血幹細胞を健康人の骨盤などの骨髄から採取する方法です。全身麻酔をするのでドナーに大きな負担がかかります。

抹消血幹細胞移植

ドナーの負担を減らすため腕の血管より採血するもので、麻酔の必要もありません。ただ、骨髄に比べると、末梢血中の造血幹細胞は少なく、末梢血を集めても生着に十分な細胞数は確保できません。そこで、造血因子を健常人へ注射し骨髄より末梢血へ多量の造血幹細胞を循環させ十分な造血幹細胞を確保できるようにします。

臍帯血移植

へその緒や胎盤の血液から造血幹細胞を集めるものです。採血のタイミングが限られるため、量的な確保が難しい面があります。

超高度濃度ビタミンC点滴療法

一度の点滴でおよそ50グラム以上のビタミンCを投与する療法です。選択的にがん細胞だけをたたくことができるといわれています。経口からサプリメントとして摂った場合と静脈からの投与の場合とで、ビタミンCの血中濃度に大きく差が出るのが特徴です。米国では、近い将来「抗ガン剤」として正式に認可される可能性が充分あるといわれています。

血液オゾン療法

血液が疲れドロドロになると、活性酸素への抵抗力を弱め、また免疫不全を引き起こし、老化やがんを誘発することが指摘されています。これに対し、オゾンを用いて血液を浄化し細胞の活性化を図り免疫力を高めるのが血液オゾン療法です。体外で血液とオゾンガスを混ぜ、それを再び本人に戻す自家血液オゾン療法が一般的です。

鍼灸治療

鍼灸により、免疫力の改善、また術後の痛みの抑制などを行うのが、鍼灸治療です。鍼灸治療で副交感神経を持続的に刺激すると、全身の血流がよくなり免疫力が高まり自然治癒力を引き出すことになり、がんの抑制を可能にすることが指摘されています。

ホルミシス療法

微量で低レベルの放射線を浴びることにより、免疫力を高めるがんの治療を行う療法です。放射線治療では、高線量の放射線を用いることにより腫瘍患部をたたくことを目的にしていますが、ホルミシス療法は、低線量の放射線を使用することによりがん抑制遺伝子であるP53を活性化し、またリンパ球の増加を促すことを目的としています。微量の放射線は、一般に天然ラジウム鉱石やラジウム温泉から発生するものを利用します。

食事療法

ガンの原因となる食品を排除し、自然な食物の持つ様々な栄養素をバランスよく摂取することによって 人間が本来持っている身体の機能を高め、がんを抑制、排除しようとする療法です。

ゲルソン療法

がん細胞の栄養となる塩分と脂肪や動物性タンパク質の摂取をやめることを基本とした食事療法です。これにより、がん細胞が栄養補給が出来なくなり、がん細胞の成長が抑えられるという考え方です。さらに、大量の野菜と果物のジュースや未精白の穀物、カリウムとヨードを補給することによって、免疫力や自然治癒力を強化しようというものです。

星野式

比較的厳しい規制のあるゲルソン療法を自宅で続けられるように工夫し、自らのがんを克服した福島県立医科大学の星野教授が提唱する食事療法です。厳しい規制がなく、ニンジンやリンゴなど7種類の野菜と果物から作った「7色野菜ジュース」を飲むことが中心になっています。

甲田式

玄米菜食・少食・生食による食養、脊柱の歪みや血液の循環を改善する西式整体運動などを通した、食事と運動の両面から免疫力を強化する療法です。

健康食品・サプリメント

抗酸化作用や免疫増強作用を有する食品やサプリメントを、積極的に摂取することで、がんの発生、抑制および再発予防を行うものです。

活性酸素や発がん物質の害を軽減するもの、免疫機能を活性化・増強するもの、あるいはがん予防の食生活で推奨されているオメガ3系不飽和脂肪酸を含む魚油、大豆イソフラボン、食物繊維、茶カテキン、乳酸菌などを製品化したものが主なものです。

書籍のご案内

『和田屋のごはん』

和田洋巳 著
WIKOM研究所
定価(本体1,600円+税)

がんにならないように、
生活習慣病にならないように。
がん治療に携わる医師がおすすめする、からだが喜ぶ、おいしいごはん。

『がんに負けないからだをつくる』

和田洋巳 著
春秋社 定価1,680円(税込)

食生活の改善で体質を変え免疫力を高める。1000例を超える肺がん手術から見えてきたことを、具体例を交えて解説する。

『フィット・フォー・ライフ』

ハーヴィー・ダイアモンド
マリリン・ダイアモンド 著
松田麻美子 訳
グスコー出版 定価2,205円(税込)

果物・野菜などの植物性食品の積極的な摂取をすすめ、肉・魚・卵・乳製品などの動物性食品を控えることを提言する、全世界で1,300万部を売り上げたベストセラー。副題として、「健康長寿には「不滅の原則」があった!」と記されている。

『葬られた「第二のマクガバン報告」』上・中・下

T・コリン・キャンベル
トーマス・M・キャンベル 著
松田麻美子 訳
グスコー出版 各巻とも
定価1,890円(税込)

栄養学史上最大規模で行われた「チャイナ・プロジェクト」によって覆された常識の数々。「栄養学のアインシュタイン」と称される世界的権威が史上空前の疫学調査をもとに著わした、衝撃の事実。全米の医学界・栄養学界・製薬業界を震撼させた、歓迎されざるベストセラーです。

Copyright 社団法人 がんになりにくい体をつくる会 All rights reserved.